「ぐんぐんどんぐりこ ~なりきりたいそう~」踊ったよ♪

赤穂海浜公園(たつの市)やひょうご環境体験館(佐用町)など、県内あっちこっちで実施されている、自然いっぱいの場所で、兵庫県立人と自然の博物館のはかせ達と思いっきり遊ぶ「エコロコしぜんえんそく」

11月7日には、宝塚COCORO保育園と認定こども園 正英幼稚園のおともだちが、有馬富士公園に「エコロコしぜんえんそく」に来てくれました。

ひろ~い原っぱで、思いっきり駆け回ってドングリを拾って転がしたあと、兵庫県立人と自然の博物館のはかせ達から、秋になって木から落ちたドングリが、冬から春へと季節が移っていく中でどのようになっていくか、お話を聞きました。

はかせのお話にこどもたちは興味津々!

お話の後は、こどもたちがドングリになってみよう!と「ぐんぐんどんぐりこ ~なりきりたいそう~」にチャレンジ。

まずは博士たちの見本。その段階から、ユニークなドングリの動き(でも、学術的に正しい!!!)に、こどもたちから笑いが出る、出る!

まずは、博士たちの見本から

そして。いよいよ、みんなの番!

元気にスタート

♪どんぐりこ どんぐりこ 

みんなでどんぐりポーズ!

♪パンツがぬげたら おっこちた

木から地面に落ちたよ。おーとととっ

♪ねっこをだーして 

♪チョロン

ドングリの根っこは頭からでるんですよ!

♪おーっきなきになるぞー

みんなもグングン大きくなってね!!!

みんな、とっても上手にどんぐりに変身してました。

「ぐんぐんどんぐりこ ~なりきりたいそう~」たくさん踊って、もっと、もっと、どんぐりを好きになってね!