虫さんを入れる便利グッズ:チャック付きポリ袋の使いかた。小さな虫をつかまえるとき、観察するときに、とても便利!

虫かごや飼育ケースに虫を入れると、中で飛び回って、翅(はね)や脚(あし)が傷みやすいです。
子どもたちは、いろんな虫をたくさん入れてしまいますが、かわいそうな状態になります。
虫をだいじに扱うには、1匹ずつ入れることがいちばんです。

チャック付きポリ袋は、虫を1匹ずつ入れ、じっくり観察するのに、最適です。
ユニパック、ジップロックなど、いろんな商品があり、大きさもいろいろあります。

カゴの中では動き回って観察しにくい虫も、じっくり観察できます。
裏からも観察できます。
苦手な虫や、刺すかもしれない虫も、袋に入っていれば、安心。
ぜひ使ってみてください。

チャック付きポリ袋を使ってみよう。

使いかたを、説明します。

その1:手でつかまえた虫を、入れるとき

袋を開けます。

片手で、袋の口を大きく開きます。

小さな子どもたちには、ちょっと難しいかな。

虫さんを入れましょう。

入りました。

チャックを閉めます。

以上、終わり。

袋の開け閉めは、小さな子どもたちには、ちょっと難しいかな。
子どもたちの手に合った小さい袋を使うと、やりやすいです。

虫の呼吸量はわずかなので、袋を閉めても、虫は窒息しません。
ただし、直射日光、高温厳禁です。虫が熱死してしまいます。

その2:花や葉っぱにとまっている虫を、さわらずに入れるとき

ハナムグリをみつけました。

袋の口を開けて、下からそっと近づきます。

花を揺らします。

袋の中にポロっと落ちました!

飛んで逃げることもありますけどね。

以上でした。

動画で見ると、こんな感じです。

チャック袋の使いかた

袋に入れたあと

袋に入れた虫さんは、何かにはさまってぺちゃんこにならないよう、カゴやしっかりしたケースに入れて持ち運びましょう。

直射日光厳禁です。

日差しの強いときは、タオルなどで覆うか、紙箱に入れて持ち運びます。

袋に入れた状態で、涼しい日陰に置いておけば、1日くらいは平気です。
夏の高温期は、冷房の効いた涼しい部屋に置きます。

反対に、暑いときは、短時間でも、中が蒸れて、死んでしまうことがあります。

真夏の日中など、人間もバテるような日は、袋やペットボトルは、使わないほうがいいです。

2019年5月18日便利なアイテム

Posted by やぎ