「ばったゲッター」で、バッタのあかちゃんをゲットしよう!

芝生などでバッタのあかちゃんを見かけるようになりました!
ぴょんぴょん飛ぶ姿を見ると追いかけたくなりますよね?

とても小さいので手でつかまえるのはむずかしい…?
バッタを傷つけちゃう…?

いえいえ、ご安心を〜✨

バッタのあかちゃんを上手につかまえられる「ばったゲッター」を使ったら大丈夫ですよ!

ペットボトルでつくる「ばったゲッター」

「ばったゲッター」の作り方は、とてもカンタンです。

<材料>

  • ペットボトル
  • はさみ
  • カッター(あると便利です)
これだけでできます!

<作り方>

① まず、ペットボトルを上部分でカットします。

ペットボトルにカッターで切れ目を入れてから、はさみを使うと切りやすいです。

② 2つに分けたら、上部分を逆さまにしてはめます。

これだけで完成!

マスキングテープでかざりつけると、オリジナルの「ばったゲッター」に!

「ばったゲッター」の使い方

完成したら、いよいよ「ばったゲッター」を使いましょう!

バッタを見つけたら、バッタを手で横から「ばったゲッター」に誘い込みます。

上からかぶせるより、横からの方がバッタを見失いにくいです
「ばったゲッター」にあかちゃんバッタが入っていくのを確認して
ゲットです!

上手にバッタのあかちゃんをつかまえることができました!

動画でも「ばったゲッター」の作り方と使い方がご覧いただけます♪


私も「ばったゲッター」を使って、こんなバッタのあかちゃんと出会えました!

ちっちゃくてかわいいです!


みなさんも、ぜひ作って、使って、バッタのあかちゃんをゲットしてくださいね!

「ばったゲッター」を使うと、つかまえた後にじっくり観察もできます。
みなさんもたくさんのあかちゃんバッタと出会ってくださいね〜

むしはかせ♂

都会の園でも、園庭の片隅にちょっと雑草を残してあれば、バッタはいます。
赤ちゃんバッタは、大人のバッタよりも数が多くて、空を飛ばないので、
小さな子どもたちにも、簡単につかまえられます。
でも、赤ちゃんバッタは、体がやわらかいので、指でつまむと、つぶれやすいです。
虫をつままず、優しくつかまえられる「ばったゲッター」を、ぜひお試しください!
※ もともとは「コオロギ捕り器」として、故 大谷 剛先生や「鳴く虫インストラクター」の方々といっしょに、10年以上前に開発?したものです。バッタ以外の虫にも使えますよ。

むしバッタ

Posted by たつむら