ˆoˆ 園庭のむしずかん ««« ばったのあかちゃん

むしはかせ♂

みなさん、こんにちは!
「園庭のむしずかん」、今回は、ばったのあかちゃんです。
草が青々と伸びてくる初夏の頃、ばったのあかちゃんが、たくさん生まれます。

どこに いるのかな?

草が生えていれば、ばったのあかちゃんは、います!

しかも、びっくりするくらい、たくさんいます。

しゃがんで、足元を、よく見てくださいね。いろんなばったが、ぴょんぴょん、跳ねます。

生まれてすぐのしょうりょうばった

生まれたてのばったは、指先くらいの大きさです。

すっごく小さいから、よくさがしてね。

せんせい

しつもんです。
あかちゃんばったは、白いのですか?

むしはかせ♂

そんなことはありません。緑の子もいます。
バッタには、いろんな色があって、あかちゃんのときは、色の変化が大きいです。
白い赤ちゃんは、大人になると茶色(わら色)になります。
脱皮するときに、色がかわることがありますよ。

畑にも、いるよ。

おんぶばったは、畑が好きです。

さつまいもの葉っぱと、おんぶばったのあかちゃん
2019年6月 西宮市甲東北保育所

小さいときは、頭が大きいです

人間と同じです!

小さいときは三頭身、大人になると八頭身?

こどもの しょうりょうばった

そして、大人には、翅(はね)が生えています。

おとなの しょうりょうばった
いろんないろの しょうりょうばった
まだらばったのあかちゃん
上からみたところ
これもまだらばった。緑色の子もいます。
くるまばったもどきのあかちゃん

つかまえかた

しょうりょうばったのあかちゃんを、2ひき、つかまえました
2019年6月 加東市高岡育児園

ばったのあかちゃんは、やわらかいので、やさしく、手で包み込むように、つかまえてね。

エコロコ特製「ばったゲッター」を使うと、じょうずに、つかまえることができますよ!

いっぱい、つかまえてね!!

先生向けの、豆知識
むしはかせ♂

・バッタのあかちゃんは、土の中から、生まれます。スズムシと同じで、秋に土の中に卵を産み、そのまま冬を越します。
・「ツチイナゴ」だけは、成虫で冬を越し、春から初夏に卵を生みます。春から初夏に大きな茶色いバッタがいたら、ツチイナゴです。
・バッタを育てるには、草を枯らさないことが重要です。2lのペットボトルが最適です。育て方は、別の記事を準備中。
・脱皮をするたびに、背中にある翅芽(しが)が少しずつ大きくなるのがわかります。最後の脱皮を羽化(うか)といい、翅(はね)が伸びて、おとなになります。