ˆoˆ 園庭のむしずかん ««« しっぽにトゲのある、大きくて、まるまると太った、イモムシたち

秋の園庭に、手のひらくらいもある、大きなイモムシをみつけて、子どもたちはびっくり!

くろめんがたすずめ(上)とせすじすずめ(下)

「お願いやから、持ってこんとって!」と、心で願ったり、表情に出てしまったり、声に出してしまう先生方も、きっといらっしゃることでしょう。

これって何なん? 毒はないの? 刺さないの?
何になるん? 育てられるの?・・・
先生方の疑問に、おこたえします。

緑の、茶色の、黒いの、目玉つき、いろんなのがいるよ

みなさんの園で、みつけたのは、どれですか?
どれも、毛は生えていなくて、しっぽの先に、トゲのようなものがついていますね。
トゲの形は、種類によって、さまざまです。

どんなちょうちょになるの?

この幼虫たちは、ちょうちょには、なりません。
「スズメガ」という蛾になります。
大人のスズメガは、戦闘機のような姿をしていて、とても速く飛ぶことができます。

せすじすずめ

多くの種類は夜に活動しますが、昼間に活動する種類もあります。
長いストローを伸ばして、つぎつぎと、花のミツを吸ってまわります。
ハチドリみたいです。

おおすかしば
ほしほうじゃく

刺さないの? 毒はないの?

はい。刺しません。毒もありません。
しっぽの先のトゲは、針のように細くいものもありますが、さわってみると、ふにゃふにゃとやわらかいです。
どの種類も「さわってもだいじょうぶ」です。

せすじすずめ の あかちゃん

さわるときは、こんな感じで(⇩)、やさしくなでなでしてやってくださいね。

大きくなった せすじすずめ

ザラザラしてたり、スベスベだったり、種類によって、お肌の感触がちがいます。

「ギュッ」とつまむと、びっくりして、口から「ゲー」と、吐くことがあります。(バッタやキリギリスが茶色い「ゲー」を吐くのと同じです)

草木の茎についている幼虫は、しがみつく力がとてもつよいので、むりやり引っ張ると、脚(あし)の先が切れてしまうことがあります。手のひらに乗せたいときは、お尻をツンツンと押して、前に歩かせて、手のひらに移してやります。

おなかの脚(あし)で、がっちり、しがみついています。むりやり引っ張らないでね。

育てかたは? 何を食べるの?

園庭を歩いている幼虫ならば、もうすぐさなぎになりますので、葉っぱを入れる必要はありません。
食べる葉っぱは、決まっています。葉っぱについてる幼虫は、その葉っぱを与えてください。

育てかたについては、⇩の記事をごらんください。

むしはかせ♂

こわがらずに、なでなでして、かわいがってやってください!!

2020年9月30日むし図鑑いもむし

Posted by やぎ