ˆoˆ 園庭のむしずかん ««« しじみちょう

みなさん、こんにちは!
「園庭のむしずかん」、第3回は、しじみちょう。

しじみちょうの おおきさは いちえんだま より少し大きいぐらいだよ!

しじみちょう と しじみ

おはなにとんでくるよ

あおい しじみちょう、やまとしじみ

はねが とじたときに みえるいろは いちえんだま みたいないろだよ

はねを とじた やまとしじみ
あかい しじみちょう、べにしじみ

つかまえかた

ちょうちょがはなや、はっぱにとまったらそーとちかづいてつかまえよう!

あみをつかってもいいし、ぼうしやてでつかまえることもできるよ!

ギュッと にぎらないように きをつけよう

蝶の特性と捕まえ方のポイント

蝶は、上へ上へと上がっていこうとします!

網で捕まえたら、まず網の底を持ち上げて、蝶が上がってきたら、網の口を閉じると逃げられません。

カゴに入れるときは、虫かごの口を横にすると、逃げられにくいです!

質問コーナー

Q蝶に触るとなぜ粉がつくの?

保育園の先生

蝶や蛾には、鱗粉(りんぷん)という粉がついてます。これは、蝶の翅(はね)を守るためについてます。例えば少し水に濡れても弾いたり、周りの風景に紛れるために色が違ったり、してます!その粉が取れて手に付いてしまうんです!

そだててみよう

しじみちょうは小さいので、小さなタッパーなどで、育てられますよ。

ベニシジミの幼虫は、スイバという草の葉っぱを食べます。
スイバは、そのへんに生えていますよ。

スイバ

「ほうれんそう」みたいな葉っぱです。

スイバの葉っぱ
スイバの根元に、たまごをうみます。
たまごです!!
幼虫が、葉っぱをかじった痕です。
葉っぱの裏に、幼虫がいた!
ひらべったいです
ピンク色のもいます。かなり、かわいいです。
だいぶ大きくなりました
べにしじみのさなぎ(提供:橿原市昆虫館 池田 大さん)

やまとしじみ は、カタバミの葉っぱを食べるそうです。

あかり

しじみちょう、みつけてね!

この記事を書いた人

中谷朱里(なかたに あかり)
ちっちゃい頃から 虫が好きです。好きな虫は アサギマダラです!
神戸親和女子大学・大学院で、勉強中です。

先生向けの、豆知識
むしはかせ♂

・シジミというのは、貝のシジミのことです。大きさが、貝のシジミと同じくらいの、小さなチョウです。
・園庭でよく見られるのは、ヤマトシジミと、ベニシジミです。ほかにも、ヤマトシジミによく似たツバメシジミや、カシの木が植えられていれば、ムラサキシジミがいるかもしれません。
・お部屋で育てるチョウといえば、モンシロチョウやアゲハチョウが定番ですが、シジミチョウは小さいので、小さな入れ物で育てることができます。

2020年6月3日むしシジミチョウ,園庭のむしずかん

Posted by ecoloco-project