はち・あり・はえ【むしみつけたよ〜園児たちのむし図鑑】

アリは、よく動くので、子どもたちの目につきやすいです。ダンゴムシとならんで、小さな子どもたちが、最初に触れる生きものです。ハチやハエは、目立たず、子どもたちはほとんどつかまえません。ハチときいただけで、怖くなったり・・・


はち・あり

アリはハチの仲間です。

るりちゅうれんじ

1cm足らずの小さな虫で、青黒くピカピカしています。春と秋によく見られます。
この虫は、ハバチの仲間です。ハバチは、ふつうのハチとずいぶん違います。幼虫はアオムシのように葉を食べるものが多く、成虫は毒針を持たず、巣をつくることもありません。チョウやガのような生活をしています。
幼虫は、お腹の脚(あし)の数が、チョウやガよりも多いです。つぶらな瞳が、かわいいです。土に潜ってさなぎになります。

るりちゅうれんじ
るりちゅうれんじ(幼虫)
ツツジの葉っぱを食べる幼虫

🏠 植えられているツツジやサツキの周りを飛んでいます。

🍙 成虫は何も食べません。幼虫は、ツツジやサツキの葉を食べます。


くろやまあり(など)

春から秋まで、園庭には、必ず、数種類のアリがいます。拡大して観察すれば種類の区別は難しくありませんが、子どもたちには、その必要もないでしょう。よくいるのは、アミメアリ、クロヤマアリ、トビイロシワアリ、トビイロケアリなどです。
クロヤマアリは、5mm前後で、それらの中では、比較的大型。すばやく歩くので、つかまえにくいです。

くろやまあり

🏠 地表にいますが、エサを求めて草木に登ることもあります。

🍙 いろんなものを食べます。種類によって好みが違います。


むねあかおおあり

1cmくらいの大型のアリで、女王アリは1.5cmを超えます。胸と腹の一部が赤いので、他のアリとは明らかに区別できます。園庭にはまずいませんが、よく木の茂った神社や公園にいることがあり、見つけると園児たちは、喜びます。

むねあかおおあり

🏠 朽木の中や地中に巣を作ります。

むねあかおおあり(女王アリ)

🍙 死んだ虫とか、昆虫ゼリーとか、いろいろ。


はえ・あぶ・か

ハエ・アブ・カは、同じ仲間で、翅(はね)が2枚です。種類によっては、ハチに似ていますが、アンテナ(触角)は短いです。すばやく飛ぶのと、小さくて目立たないため、子どもたちは、ほとんどつかまえません。


はえ(のなかま)

コロンとした体型のハエにも、いろんな種類があります。昔は食卓にいたようなイエバエやキンバエの仲間は、近頃はほとんど見られません。室内にいる小さな飛ぶ虫は「コバエ」と呼ばれますが、その正体には、いろいろあります。
ヤドリバエは、姿はイエバエとよく似ていますが、汚物に発生するハエとはずいぶん生活が違います。

やどりばえの一種

🏠 種類によっていろいろです。

🍙 ヤドリバエは花の蜜を舐め、幼虫は他の虫の体内に寄生します。イエバエやキンバエの仲間は花の蜜のほか汚物の汁を舐め、幼虫は動物の糞や死体を食べます。

はなあぶ(ホシメハナアブ)
ハチみたいに見えますが、ハエの仲間です

ハナアブのように「アブ」と付いてても「ハエ」の仲間だったり、「ケバエ」とか「キノコバエ」と付いてても「カ」の仲間だったりします。ややこしいですけど、ま、どうでもええわ。


→ むしみつけたよ トップページへ戻る

2021年2月23日むし図鑑アリ,ハエ,ハチ

Posted by やぎ