かまきり・ごきぶり・はさみむし【むしみつけたよ〜園児たちのむし図鑑】

かまきり


かまきりの赤ちゃん

姿はカマキリですが、赤ちゃんは、指先くらいの大きさです。

おおかまきりの赤ちゃん
 おおかまきりの赤ちゃん誕生
はらびろかまきりの赤ちゃん
ちょっと太めで、お腹が反り返っています

🏠 草むらにいます。

🍙 小さな虫をつかまえて、食べます。


かまきりの卵

カマキリは、たくさんの卵を一度に産み、泡で包みます。泡は、固まると、スポンジのようになります。このかたまりを卵嚢(らんのう)といいます。
種類によって、形がちがいます。

おおかまきりの卵
草の茎に産みつけます
はらびろかまきりの卵
木の幹や建物の壁に産みつけます

🏠 草の茎や木の幹など

🍙 卵なので何も食べません


おおかまきり

いちばん大きなカマキリです。チョウセンカマキリによく似ていますが、後翅(うしろばね)は、紫色をしています。前脚(まえあし)の付け根の模様は、ぼんやりしています。体の色は、緑色か枯草色です。

おおかまきり(威嚇のポーズ)

🏠 背の高い草むら。林の縁によくいます。

🍙 虫をつかまえて、食べます。

⚠️ カマキリをさわろうとすると、ひっかかれたり、かみつかれて、痛いです。安全なさわりかたについては、こちらの記事をごらんください。
「かまきりリレー」にチャレンジ


ちょうせんかまきり

オオカマキリに次いで、大きなカマキリです。前脚(まえあし)の付け根に、オレンジ色の模様があります。後翅(うしろばね)は、淡い褐色です。体の色は、緑色と枯草色があります。

ちょうせんかまきり

🏠 背の高い草むら。明るい草地に、よくいます。

🍙 虫を食べます。


はらびろかまきり

がっしりした体つきのカマキリです。前脚(あし)に黄色いつぶつぶがあります。鮮やかな緑色ですが、稀に、褐色の個体があります。
近年、ひとまわり大きな「ムネアカハラビロカマキリ」が隣国から入ってきています。前脚や胸部の腹面の模様がちがうので、区別できます。

はらびろかまきり
むねあかはらびろかまきり

🏠 草や木の上。花の上。

🍙 虫をつかまえて食べます。

⚠️ お尻から、寄生虫のハリガネムシが出てきて、びっくりすることがあります。ハリガネムシは人体に害はありません。


こかまきり

5cm前後の、小さめのカマキリです。前脚(まえあし)と胸部の腹面に、黒い模様があります。ほとんどは枯草色の個体ですが、たまに緑色のものもいます。

こかまきり

🏠 草むら。枯草の間に、よくいます。

🍙 虫を食べます。


ごきぶり


もりちゃばねごきぶり

落ち葉のあるところで、ダンゴムシをさがしていると、いっしょに見つかります。
おうちの中に出てくるごきぶりとは、ちがう種類です。

もりちゃばねごきぶり(幼虫)
もりちゃばねごきぶり(幼虫)
もりちゃばねじゃないかも(幼虫)
もりちゃばねごきぶり(成虫)

🏠 落ち葉の間にいます。

🍙 食べ物は、枯れ葉など。


はさみむし


おおはさみむし

大人になると4cm近く、ハサミムシとしては大型です。体の色は赤味がかっています。立派なハサミがあってかっこいい虫です。

おおはさみむし

🏠 プランターの下などにいます。

🍙 生きた虫をつかまえて食べる、のかな?


ひげじろはさみむし

2cmくらいです。アンテナ(触角)に白いところがあり、脚(あし)も白いです。ハサミはあまり大きくありません。
冬に、チビクワガタをさがしていると、朽木の中でたくさんみつかることがあります。

ひげじろはさみむし

🏠 落ち葉の下、プランターの下など

🍙 何を食べてるんでしょうね?


→ むしみつけたよ トップページへ戻る

2021年2月23日むし図鑑カマキリ,ゴキブリ,ハサミムシ

Posted by やぎ