ˆoˆ 園庭のむしずかん ««« 草の間にいる、タワシみたいな、ふわふわな、毛虫

10月30日、西宮市の秋の園庭。いつもはダンゴムシがたくさんいる植え込みで、虫さがしをしていると・・・

あっ、ここに

黒い毛虫がいました! 長い毛がいっぱい生えてて、タワシみたいです。

葉っぱの上にいることもありますが、地面で、じっとしていることが多いです。

上からみたところ
横から見たところ
栗毛の子もいます
お腹を見てみました

これは、蛾の幼虫で、「せすじひとり」といいます。

幼虫は何回か脱皮をしますが、大きくなるにつれて、毛がふさふさになっていきます。おもしろいですね。

小さいときは毛が短いです
もっと小さいときは、もっと毛が短いです。少ないのかも

びっくりすると、丸まります

ダンゴムシみたいに、びっくりすると、丸くなります。
丸くなると、毛の生えかたがよくわかりますね。

ふわふわ毛虫は、さわってもだいじょうぶです

毛虫は刺される、かぶれる、と思っている人が多いですね。

でも、園庭でみつかる危険な毛虫は、ほぼ、チャドクガとイラガだけです。

大半の毛虫は、さわっても、かぶれません。
黒や茶色のタワシみたいな毛虫、いわゆる「くまけむし」は、どれも、だいじょうぶです。

さわっても、だいじょうぶだよ。やさしくさわってね。

そだててみよう

お部屋で育てるのは簡単です。とてもかわいいですよ。

この毛虫は、いろんな種類の草の葉っぱを食べます。
園庭に植えてある植物の葉、生えている草の葉を、いろいろ与えてみてください。何が好きなのかな?

ちっちゃなときは、うんちもちっちゃいです。

11月30日、葉っぱをつづって繭(まゆ)をつくり、さなぎになりました。

来年の春に、大人の蛾になります。大人の蛾もかわいいです。てんとうむしみたいな匂いがします。

毛虫やイモムシの育てかたは、下の記事をご参考に。

むしはかせ

この毛虫(セスジヒトリ)は、都会が好きな種類で、農村部にはいません。
農村部には、春から初夏にかけて、同じような姿をしたヒトリガの仲間の毛虫が何種類か、見られます。どれも、さわってもだいじょうぶですし、育てかたも同じです。

2020年10月31日むし園庭のむしずかん,毛虫

Posted by やぎ